学生の立場なら学生専用のクレジットカードを作ろう

main-img

スタンダードなものであれば、18歳以上からクレジットカードを作れます。



高校を卒業しており、社会人として働いている、大学や専門学校に通っている立場で収入があるなら、審査に落とされる心配は少ないといえます。


しかし、カードによって微妙に審査の基準が違ってきますので、大学生や専門学校生であれば、学生専用のクレジットカードを作ることをおすすめします。



一部のカード会社で発行しているもので、学生の立場であること、一定範囲の年齢であることを条件に提供されているカードです。社会人向けの一般的なカードとは違い、限定された条件の範囲内の立場なら審査に通りやすい可能性を秘めています。



同じカード会社で複数のラインナップがあり、学生カードが用意されているなら、その立場の人が優遇されやすいと見てとれますので、積極的に選んでみましょう。

一般カードに比べて年会費が安く設定されているものが多く、無料であることも少なくありません。

利用限度額が低めに抑えられているため、返済が困難になるほど使いすぎてしまうのを未然に防止しやすくなっています。

少ないアルバイト収入でも無理なくクレジットカードを使えるものが目立ちます。学生カードは比較的サービス内容がシンプルですが、一般カードと同じようにポイントが貯められますので、カード払いでお得にショッピングを楽しめる魅力があります。


ちなみに20歳未満の学生が申し込む際には、親権者の同意が必要になります。

難しくない金融

subpage01

クレジットカードを持っていると、便利に買い物を行うことができるので日常生活を送りやすくなってきます。ただ、使い方に気を付けないと、気が付かないうちにたくさん買いすぎてしまい支払いが大変になってくるので、考えながら買い物を行ってみてください。...

more

驚く情報

subpage02

信用に基づくサービスであるクレジットカードでは、申し込みの際に必ず審査が行われます。審査に通れば無事にカードを作れますが、割と審査落ちをする人も多く、申し込みに対する不安を抱く人が少なくありません。...

more

おすすめ情報

subpage03

専業主婦は収入がありませんので、クレジットカードなど作れないと考えがちです。ところが割と多くのカードで、専業主婦の立場でも作れるようになっています。...

more

金融の情報まとめ

subpage04

クレジットカードは危険なものだと思っている人も少なくないものですが、それは使い方次第なので所持金以上に使うことがなければ危険なことはありません。クレジットカードがあれば所持しているお金以上に買い物をすることができてしまうので、無意識に借金をしてしまうことがあります。...

more