クレジットカードで審査落ちしない方法

subpage01

信用に基づくサービスであるクレジットカードでは、申し込みの際に必ず審査が行われます。
審査に通れば無事にカードを作れますが、割と審査落ちをする人も多く、申し込みに対する不安を抱く人が少なくありません。



クレジットカードで審査落ちを防ぐには、出来る限り落ちる確率を上げる要素を排除することが大切です。

審査はカード会社ごとに基準が異なり、絶対に公表されませんので、審査内容の真実は誰も知りません。


しかし、関連する要素というのは大体決まっていますから、それさえ守れば審査に通る確率を高めることが可能です。
必ず確認したいのが、申し込み条件です。年齢制限や年収の金額などを確かめてください。
金額がはっきりと書かれたものであれば、それ以上の年収が得られる仕事を行っていなければなりません。
難しければ、年収が定められていないクレジットカードを狙うようにします。
無職の人は基本的に作れません。

アルバイトでも良いですので、仕事を探しましょう。

専業主婦だと配偶者に収入があれば作れる可能性がありますが、審査が厳しくなりますから、配偶者に家族カードのあるクレジットカードを作ってもらうのが無難です。
無職でも年金収入があれば、割と作れることが多くなっています。



現在抱えている借金の状態を確かめましょう。


滞納を繰り返している、滞納中である、債務整理を利用して5〜10年が経過していない状態だと、審査に落とされる確率が非常に高まります。

借金問題をきちんと解決してから申し込みましょう。