クレジットカードは危険ではない

subpage01

クレジットカードは危険なものだと思っている人も少なくないものですが、それは使い方次第なので所持金以上に使うことがなければ危険なことはありません。



クレジットカードがあれば所持しているお金以上に買い物をすることができてしまうので、無意識に借金をしてしまうことがあります。しかし、限度額まで使わなければいけないという決まりはありませんし分割払いをしなければならないということもありませんから、単純に現金で買う予定だったものをクレジットカードで支払う分には何ら危険性はなく、むしろポイント還元などの利点のほうが大きくなるといえます。


自制のきかない人であれば使いすぎて借金地獄に陥るということもあるかもしれませんが、経済観念がしっかりしている人であれば現金で買い物をするよりもクレジットカードの方が節約ができて便利です。更にクレジットカードの利点としては何時どこでどれだけの金額を使ったのかということをすぐに明細で確認をすることが出きるので、レシートの管理なども不要となり管理のしやすさからいっても現金よりも有利だといえるのです。



もちろん何でもかんでもカード決済をするというのが有利なわけでもありませんし、そもそもカード決済ができないというところもあります。そうであったとしても全体的に見れば現金払いよりもカード決済のほうが得をする場面が多く、危険性に関しても使う本人の問題であるためリスクを理解した上で使うのであれば、これほど便利なものはありません。